豆知識

【まとめ】宝石カットの種類を一挙にご紹介!

今回の記事では、たくさんある宝石カットのいくつかをご紹介していきます。

また本記事をコンパクトにまとめた動画もご用意しましたので、合わせてご参考くださいね。

宝石の各部の名称

宝石カットを説明する際に、宝石の各部の名称が文中に度々登場します。各部の名称をチェックしてくださいね。

宝石の各部の名称

ファセット:宝石の表面に施された一つ一つの面を指します。

ラウンドブリリアントカット

ブリリアントカットの中でも、ダイヤモンドに施されることが多いのがこのラウンドブリリアントカット。ファセット数は57〜58。ダイヤモンドの魅力を最大限に引き出すため、屈折率や反射率など全て綿密に計算されています。

ラウンドブリリアントカットのジュエリーを見る >

オーバルカット

オーバルは楕円の意味。ラテン語で「卵」を意味します。標準的なファセット数は69。美しさとカラット重量の保持について一番バランスがとれるため、最も良く使われます。オーバルカットの縦横の比率は2:1がとても綺麗ですが、この比率は宝石の持つ光学的特性により変動します。

オーバルカットのジュエリーを見る >

アンティーククッションカット

ファセット数はおよそ64。ロマンチックでクラシックな外見が特徴です。プリンセスカットと同様に宝石の光沢を最大限に生かします。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
アンティーククッションカットのジュエリーを見る >

プリンセスカット

ファセット数はおよそ76。ラウンドブリリアントカットの正方形バージョンです。アンティーククッションカットと同様に、宝石の光沢を最大に生かします。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
プリンセスカットのジュエリーを見る >

ハートシェイプカット

究極の愛のシンボルである、ハートシェイプカット。ファセット数はおよそ59で、ペア形の宝石のてっぺんに裂け目がある形です。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
ハートシェイプカットのジュエリーを見る >

ミレニアムカット

ファセット数は1,000個。1999年頃、新しい千年紀のユニークで挑戦的なシンボルとして、ロジェリオ・グラサによって作り出されました。

もっと詳しく知りたい方はこちら >

コンケーブカット

コンケーブカットは、下部に円錐形のファセットを施したもの。ファセット同士が平らな角で接しているのではなく、間に溝が入ります。長さと幅だけでなく深さも作ることで、光がさらに屈折し、輝きを最大限に引き出します。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
コンケーブカットのジュエリーを見る >

ミラーカット

ミラーカットの特徴は宝石の幅の90%にも及ぶ、大きいテーブルと厚いガードルにあります。これによって宝石は高い屈折力を持ち、名前の由来である「鏡」の特性を得ます。

もっと詳しく知りたい方はこちら >

マーキスカット

標準的なファセット数は57。上からまっすぐに見下ろすと、ラグビーボールのように両端が一点まで引き延ばされた長円形に見えます。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
マーキスカットのジュエリーを見る >

ペアシェイプカット

標準的なファセット数は71。涙のような形をしており、オーバルカットとマーキスカットの長所を合わせたハイブリッドなカットです。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
ペアシェイプカットのジュエリーを見る >

トリリアントカット

標準的なファセット数は43。三角形のシェイプを基にしています。等辺形なため、多くの光と色を返します。ラウンドカットにほぼ近いブリリアンスがあると考えられています。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
トリリアントカットのジュエリーを見る >

バゲットカット

およそ20のファセットがある、長方形のカット。ほとんどの長方形の面は「ステップカット」で、下部のファセットが階段状に、縁は平行に、頂点が切り落とされたピラミッドのようにカットされます。ベースとテーブルは三角のファセットと接しています。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
バケットカットのジュエリーを見る >

スクエアカット

標準的なファセット数は57で、側面が同じ長さの特殊な四角形です。ほとんどの長方形の面は「ステップカット」で、下部のファセットが階段状に、縁は平行に、頂点が切り落とされたピラミッドのようにカットされます。

もっと詳しく知りたい方はこちら >

エメラルドカット

ファセット数は50。長方形に角をわずかに切り落とした形です。宝石の色を最大限に引き立たせますが、インクルージョンがより目につきやすくなるのでインクルージョンが少なめの石に最適です。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
エメラルドカットのジュエリーを見る >

オクタゴンカット

標準的なファセット数は53。長方形に四隅が斜めにカットされたものを言います。またファセットは宝石の周囲に平行かつ階段状に配置されています。エメラルドカットとの違いは、下部の段が等間隔ではない、という点です。

もっと詳しく知りたい方はこちら >

ブリオレットカット

ブリオレットカットは、ドロップ(しずく)型またはペア型のカットで、周囲をぐるりとファセットで囲まれています。ファセット数はおよそ84ですが、ファセットが多ければ多いほど輝きも増していきます。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
ブリオレットカットのジュエリーを見る >

カボションカット

カボションカットは、最も古く、最も普及した形のカット。下部は「平ら」または「わずかに丸み」を帯びており、上部は「凸状」や「丸いドーム型」に研磨されます。伝統的なカボションは楕円形ですが、三角や四角のシェイプもあります。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
カボションカットのジュエリーを見る >

バフトップカット

カボションカットの変形で、透明な宝石のためのカットです。カボション特有のドーム状の上部に、ファセットが施された下部を併せ持ちます。

もっと詳しく知りたい方はこちら >
バフトップカットのジュエリーを見る >

まとめ

今回は宝石カットについてご紹介させていただきました。

\こちらもチェック!/

様々なカットの宝石を取り扱っておりますので、ぜひチェックしてくださいね。

こちらの記事もオススメ

【トップ3】GSTV石出し仕入れチームの好きな宝石カットNO.1は?

GSTVの最重要セクションである「石出し仕入れ」で働くスタッフのみなさん。そんな石に携わるプロにアンケートを行いました。 ...

続きを見る

宝石のカッティングとは?【ジュエリー豆知識】

宝石でよく聞く「カッティング」の言葉。「カッティング」とは美しい宝石が出来上がるために重要な工程のことです。今回の記事で ...

続きを見る

ファセットカットの宝石カッティングの工程を解説

美しい宝石が出来上がるために重要な工程である「カッティング」について、どのような流れで行うのでしょうか。今回の記事では、 ...

続きを見る

-豆知識