イーダー通信

写真から見る「宝石の街ドイツ、イーダー・オーバーシュタイン」続編

2024年3月30日

 前回(2023年12月号)の「写真から見るイーダー・オーバーシュタイン訪問記」に予想以上のご好評をいただきましたため、続編をお伝えすることにいたしました。前回に続き、写真盛りだくさんのアルバム形式でお伝えします。

(番組ガイド誌「GSTV FAN」 2024年4月号掲載記事をWEB用に再編集しております)

― イーダー・オーバーシュタイン訪問記 ―

 近年、番組ロケや買付などで個別に訪問することが多かったため、ストーンカメオミュージアムの古屋館長、カメオ専門会社のエキスパート桐戸氏、そして私の3人が揃ってのイーダー・オーバーシュタイン訪問は実に5年ぶりであることは前回もお伝えたした通りです。
23年8月訪問時の2つの工房をご紹介します。
※2023年2月からスタートした新連載「モチーフから見る宝石彫刻」はお休みとなります。

マティアス・ポストラー/シモーネ・ポストラー/ハインツ・ポストラー

ポストラー工房

 イーダー・オーバーシュタインを訪問する際は、ほぼ毎回訪れているポストラー工房。宝石彫刻の街であるイーダー・オーバーシュタインにおいても珍しい、親子3人がストーンカメオ彫刻家として活躍する工房である。数年前に彫刻の一線からは退いたハインツ氏ではあるが、今回もまた笑顔で出迎えてくれ、いつものバルコニーで写真撮影。

いつものバルコニーで写真撮影

美しい縞メノウ

 白くしっかりとした層が入った美しい縞メノウ原石を手に取りながら、最近の原石の状況や彫刻した作品について、当主であるマティアス氏が話してくれる。

白くしっかりとした層が入った美しい縞メノウ原石

大きくて良質な縞メノウ原石は特に調達が難しくなっているとのこと、ここでもまた説明を受け痛感する。肉厚な白い層を持つ良いメノウを見つけて思わず笑顔がこぼれる桐戸氏。その後の商談は真剣なまなざし。

思わず笑顔がこぼれる桐戸氏

作品作りに取り組む原動力

ハインツ氏の時代に世界中から集めた豊富な原石は、ポストラー工房の強みであり、次世代の彫刻家たちが熱意をもって作品作りに取り組む原動力になっていると改めて認識する。また、当番組でメノウに限らず様々な半貴石のカメオやカービングをご紹介できる理由でもある。

 ポストラー家の歴史は、今から160年以上前の1857年に、ハインツ氏の曽祖父にあたる初代が、イーダー・オーバーシュタインで宝石研磨を始めたことが起源。「馬モチーフで定評がある」という紹介をされることもあるポストラー工房であるが、馬オブジェも数多く見ることができた。

馬のオブジェ
ポストラー工房

ミシャエル・ポイスター

マイスターとなったミシャエル・ポイスター

 ミシャエル・ポイスター氏は24歳でマイスターとなった宝石彫刻家。タイのプミポン国王やヨーロッパの王室にも作品を納めた話は有名で、世界中から注目される実力ある彫刻家である。彼が20代であった30年以上前からのお付き合いになるが、彼ほど独創的なアイディアマンは見たことがない。アイディアや構想を話し始めたら止まらない、会うたびに何か驚かされる、そしてお茶目な一面を持ったユニークな人である。

英国製のクラシックカー

今回は、アトリエに入る前の駐車場で、最近買ったお気に入りの英国製のクラシックカーを見せエンジン音を聞かせてくれ、即席試乗会。その屈託のない笑顔は少年のようでもある。

英国製クラシックカーの即席試乗会

宝石オブジェ

 いつものようにウェルカムドリンクやお菓子をたくさん用意して待っていてくれた。オブジェの創作のコンセプト、作品に込めた哲学性、彼が持つ思想や時事問題に対する意識など聞けば聞くほど引き込まれていく。最近は、主にアメリカ市場や中国市場に向けて様々な宝石オブジェを作っているとのこと。日本でも、彼のこうした作品を少しずつでもご紹介してきたいと思う。

宝石のオブジェ

一方で、様々な場所に作りかけの作品やアイディアのプロトタイプが置かれているのも特徴的で、面白いのだ。
 彼の誕生日3月10日にバースデーメールを送ったところ、昨夏にはなかった「取り掛かり中の作品」の画像を送ってくれた。溢れんばかりの創作意欲が伝わってくる。

作りかけの作品やアイディアのプロトタイプ

余談

 余談ですが、カメオ彫刻家の工房へ行くと必ずと言っていいほど1800年代に使われていた足踏み式の彫刻台があります。もちろん現在使われるものではなく、コレクションです。

1800年代に使われていた足踏み式の彫刻台

こちらの記事もオススメ

宝石の街 イーダー・オーバーシュタイン【ストーンカメオ講座】

約500年にわたり宝石研磨、宝石彫刻技術が脈々と受け継がれている稀有な街がドイツにあります。この番組では「イーダー」とし ...

続きを見る

ベルント・ムンシュタイナー氏特別展 ─ 第一回 ─【ストーンカメオ講座】

 日本と同様に、対面型イベントの延期・縮小が続くドイツですが、宝石の街イーダー・オーバーシュタインでベルント・ムンシュタ ...

続きを見る

ベルント・ムンシュタイナー氏特別展 ─ 第二回 ─【ストーンカメオ講座】

 宝石の街ドイツ、イーダー・オーバーシュタインでベルント・ムンシュタイナー氏の特別展が10月上旬まで開催されていました。 ...

続きを見る

ベルント・ムンシュタイナー氏特別展 ─ 第三回 ─【ストーンカメオ講座】

 前回に引き続き、ドイツ、イーダー・オーバーシュタインにて昨年開催されたベルント・ムンシュタイナー氏の特別展に際して行わ ...

続きを見る

三沢 一章(みさわ かずあき)

長年に渡りドイツジュエリーを研究。イーダーオーバーシュタインの宝石を日本に紹介すると同時にストーンカメオの研究家でもある。

> 三沢 一章のプロフィール・Q&A

-イーダー通信