宝石辞典

ダイヤモンドの4C「カット」とは【宝石豆知識】

2020年9月1日

本記事では、ダイヤモンドを評価する際で使用する「4C」の内の一つ「カット」についてご紹介します。

美しさはカットによって引き出せる

カットは人間の手が関わることができる唯一の要素。ダイヤモンドの美しい輝きは、カットによって引き出されます。

ダイヤモンドの輝きを発生させる3つの光の効果(シンチレーションブライトネスディスパージョン)をうまく利用して、内部から虹のような色を沸き立たせるようにカットします。

カットのプロポーションや角度が理にかなったものでなければ、輝きを最大限に引き出せません。なのでカットは石の価値を決める上で大切な要素の一つになります。

理想的なプロポーション

色石と異なり、ダイヤモンドの理想とされるカット、形、プロポーションは、不変的なものです。

1919年、ロシアの数学の天才で、強大なダイヤモンドビジネスを手がける一族の一人でもあるマーセル・トルコウスキーは、ダイヤモンドのプロポーションをどのような比率にすればブリリアンスとファイアの最適なバランスがもたらされるかについての自説を発表しました。

GIAでは、この数値を基準として、誤差5%以内であれば理想的なカットであることを認めています。

GIA ラウンドブリリアントカット・スケール

GIAが2004年に、カット・グレーディング・システムの概要を発表しました。

カットグレードは下記の5段階評価からなり、エクセレントに近いほど理想的なプロポーションとされます。

ExcellentVery GoodGoodFairPoor
エクセレントベリーグッドグッドフェアープアー

様々なカットが存在します

「ダイヤモンドの形は?」と聞かれれば、思い浮かべるのは「ラウンド」ではないでしょうか。世界で売買されるダイヤモンドの80%以上がラウンドブリリアントカットに施されています。

ラウンドブリリアントカットがほとんどですが、少数派とは言え他にも美しいカットの形があります。

他の形は「ファンシーシェイプ」と呼ばれ、ダイヤモンドのカットで人気があるファンシーシェイプは、エメラルド、ハート、マーキーズ、オーバル、ペアシェイプ、プリンセス、ラディアントなどです。

左からペアシェイプ、ラウンドブリリアントカット、マーキス、オーバル、エメラルド
「ファンシーカット」って何?【ジュエリー豆知識】

本記事ではファンシーカットについて豆知識をご紹介します。 Q:「ファンシーカット」って何? ダイヤモンドの形として多くの ...

続きを見る


まとめ

ダイヤモンドの4C「カット」についてご紹介いたしました。

4Cには、カット以外にもカラークラリティカラットの評価対象があります。合わせてチェックしてくださいね。

ダイヤモンドの4Cとは?【宝石豆知識】

宝石好きなら、ダイヤモンドの価値を決める4つのCについて、聞いたことがあるのではないでしょうか。本記事では4Cについてご ...

続きを見る

\ジュエリーをチェック!/

GSTVではダイヤモンドを使用したジュエリーを種類豊富に展開しております。ぜひチェックしてくださいね。

こちらの記事もオススメ

【まとめ】知っておきたい宝石「ダイヤモンド」の基礎知識

憧れのダイヤモンド!知っておきたいダイヤモンドについて基礎知識をまとめました。   目次 ダイヤモンドの基礎知 ...

続きを見る

【トップ3】GSTV石出し仕入れチームの好きな石カットNO.1は?

GSTVの最重要セクションである「石出し仕入れ」で働くスタッフのみなさん。そんな石に携わるプロにアンケートを行いました。 ...

続きを見る

-宝石辞典
-,