宝石王子®大松彰の極みの中の極み

サファイアとコバルトスピネルの極みをご紹介【宝石王子®大松彰の極みの中の極み】

2022年10月31日

毎週土曜日放送の「極みの宝石ショッピングアワー」でご紹介した商品の中から、さらに厳選した 「極みの中の極み」ジュエリーを取り上げてまいります。

GSTV番組ガイド誌「GSTV FAN」2022年11月号掲載

サファイアのリングをご紹介

5ct超え!ミャンマー産非加熱サファイア
ダイヤとプラチナの「クリフハンガー」

いやーー、あるとこにはあるんですねーと言わしめる、見事なサファイア。

5ctを超えてしかも、クッションカット。上下左右対称となるとより色とカットのバランスが難しいサファイアですが、場面を犠牲にすることなく、身に着けると尚更美しさが音をたてて変化していくようで、もう外したくなくなります。色もミャンマーと言えば「ロイヤルブルー」ですが、もう少し明るい感じで、逆にインクルージョンの入り方によってはカシミールのようにもみせる趣があってこちらの方が好きという方も多いはず。さらに非加熱であるという付加価値がまさに何刀流でしょうという絶品です。

枠もOAでもお話ししましたが、大胆な高低差をつけたダイヤモンド使いが側面からみるとダイヤとプラチナの「クリフハンガー」!ぜひ攻略して登り詰めてください。

サファイアについて知りたい方は「宝石辞典 サファイア」をチェック♪

サファイアのネックレスを紹介

もう一方でサファイアのもう一つの魅力はフルネックレスライン。くどいように感謝祭などでは青のフルネックレスをご試着してくださいと唱えておりますが、着けた瞬間に新しいご自身を発見していただけます。最近はヴィンテージ流行りということもあってこういったロマンティックなデザインも人気がありますね(と言っても、天然素材は稀ですが…)。適度なドロップ感がざっくりとつけても上品さと「こなれ」感を演出して出番も多そう。サファイアは主にマダガスカルとスリランカの上質なタイプを使用し一部の明るい色はコーンフラワーブルーも含まれるそうです。

タイトルは「フォンテーヌ」。泉のような透明感とみずみずしさがあふれ出てくるという、落ち着きのあるイメージのサファイアに品のある動きを足してくれていますので、ちょっとした所作にも洗練されたさりげない美しさを足してくれることは間違いないでしょう!

サファイアについて知りたい方は「宝石辞典 サファイア」をチェック♪

コバルトスピネルのリングをご紹介

美しい王道コバルトスピネルの入手はより困難…
この豪華な枠は一見の価値あり!

1月にも5ct越えの大粒を青の帝王としてこのコーナーで取り上げましたが、さらにその当時よりも注目度が上がったコバルト含有のスピネル。今ホットなベトナム産地以外もタンザニアのマヘンゲ(アヤナの産地)からの産出があったりとにぎやかですが、「コバルトを含むブルーのスピネル」という点でスピネル族たちの中で選択肢も増えてきているのも注目です。

今回ご案内するような美しい王道コバルトスピネルの入手は、より困難であることは間違いありません。ましてやこの豪華な枠は今となっては一見の価値あり!是非ご検討ください。

スピネルについて知りたい方は「宝石辞典 スピネル」をチェック♪

大松 彰(おおまつ あきら)

2015年秋 FGA(英国宝石学協会正会員)取得、ジュエリーコーディネーター1級、天然石検定1級、真珠のプロSA(シニアアドバイザー) ※「宝石王子®」は大松彰の登録商標です。

>大松 彰のプロフィール・Q&A

毎週土曜19時放送の「極みの宝石ショッピングアワー」

毎週土曜19時放送の「極みの宝石ショッピングアワー」。番組が気になる方は、GSTVオンラインストア「TV番組表」から録画放送をご覧いただけます。ぜひチェックしてくださいね。

\土曜19時をチェック!/

こちらの記事もオススメ

「資産価値」としてのジュエリー【第4回】サファイア

最近、身につけるだけでなく「資産価値」としてジュエリーが注目されています。理由はさまざまありますが、鉱山からの産出が減っ ...

続きを見る

9月の誕生石は何?サファイアおすすめジュエリー

9月の誕生石は、サファイアとクンツァイト。今回は、タイ産のロイヤルディープブルーサファイアやスリランカ産のブルーサファイ ...

続きを見る

8月の誕生石は何?ペリドット、スピネルおすすめジュエリー

8月の誕生石はペリドット、スピネル、サードオニックス。 2021年12月、63年ぶりに日本の誕生石が改訂。ペリドットに加 ...

続きを見る

-宝石王子®大松彰の極みの中の極み