宝石辞典

【まとめ】知っておきたい希少石「パライバトルマリン」の基礎知識

2015年6月1日

世界三大希少石のうちの一つ「パライバトルマリン」について基礎知識をまとめました。

 

パライバトルマリンの基礎知識

ネオンのような青と緑の輝きが綺麗な希少石。世界三大希少石のうちのひとつとして称されています。

パライバトルマリンの特徴
原産地 ブラジル、モザンビーク、ナイジェリア
ブルー〜黄みがかったグリーン
属性 トルマリン
硬度7~7.5
屈折率1.624~1.644
比重3.06(+0.20、-0.06)

> パライバトルマリンを使用したジュエリーを見る

パライバトルマリンの歴史

パライバトルマリンは歴史の浅い宝石です。

1987年8月に産出地を発見

1987年8月、ブラジル人探鉱者エイトール・ジマス・バルボーザによってパライバトルマリンの産出地を発見しました。ブラジルのパライバ州の丘陵地にきっと良い宝石があると信じて7年間掘り続け、やっと最初のパライバトルマリンの結晶を掘り出しました。

パライバトルマリンの産出地が最初に発見されたのはブラジルのパライバ州ですが、同様の色と化学組成の石は今では近くのリオ・グランデ・ド・ノルテ州でも見つかっています。

アフリカでも発見された

アフリカで最初に発見されたのは2001年、ベニンとの国境に近いナイジェリアのオヨ州エドウコ鉱山でした。

同じく2001年に、モザンビークのナンプラ県で、ユッカの根を栽培する農夫が、パライバトルマリンを発見しました。この原石は2006年まで大々的に市場に出回ることはありませんでした。

際立つカラー

パライバトルマリンが初めてブラジルで発見されて、珍しく濃い「ネオンのような」または「電気のような」明るい色がそれまでに知られていたどんなトルマリンとも違い際立っていました。

色は、濃いエメラルドグリーンからウィンデックスブルー(洗剤のような青)、さらには深みのあるサファイアブルーまで存在します。

色のほかに重要な特徴としては、宝石を正面から見たときに暗い部分が相対的に見られないということです。

人気の色はウィンデックスブルー

パライバトルマリンはきわめて輝きが強く、光が弱くても光を放っています。

電気のように鮮やかなウィンデックスブルー、ネオンピーコック色、強烈なターコイズ色、圧倒的なトワイライトブルー。

個人的な好みの問題もありますが、もともとウィンデックスブルーのものが最も人気があります。

最高品質のブラジル産パライバトルマリンなら、宝石の卸市場でも1カラットにつき2万ドル以上で売れます。良質なアフリカ産の石の場合カラット当たり数千ドルで、アフリカ産の石としては驚異的な価格がついています。

鮮烈な色を生み出すには

パライバトルマリンの鮮烈な色を生んでいるのは少量の銅、それにマンガンと鉄です。銅の量が多いほどブルーやターコイズの色が強くなりますが、マンガンが多くなるとバイオレットから赤の色合いが強くなります。鉄はグリーンに発色する要素と考えられています。

一定量の銅、マンガン、鉄を含むトルマリンなら何でもパライバ種と呼ばれる資格があるのでしょうか?

一言で言えば、違います。

パライバトルマリンの最も重要な特徴は、色の鮮明度。そもそも最初にこの宝石を有名にした特徴です。必要な色の強さを持たない石、あるいは暗い部分があまりにも多い石はパライバトルマリンとして売られるべきではありません。

パライバトルマリンは通常鮮やかなウィンデックスブルー、ネオンピーコック色、強烈なターコイズ色を示す深い色の宝石です。ブラジルのパライバ州ミーナ・ダ・バターリャで発見されたこの石は、光がほとんどなくても光を放ち輝くような、強い色をしています。

バターリア産パライバトルマリン

パライバトルマリンのほとんどは1カラットに満たないものですが、モザンビーク産の石には40カラットやそれ以上のサイズのものがあります。

エメラルドと同じで、パライバトルマリンではインクルージョン(内包物)があるのが普通で、色が主な美しさの決定要因となっています。

しかし、パライバトルマリンにインクルージョンが少なければ、希少性と価値は格段に上がります。

美しい鮮やかな色のために、パライバ・トルマリンは短期間で高い人気を集める宝石となりました。パライバトルマリンはこの上ない珍しさ以上に他に並ぶもののない美しさを持った、世界でも特に人気の高い宝石です。

産地

パライバトルマリンの産地は以下が挙げられます。

  • バターリア
  • キントス
  • ムルング
  • モザンビーク

まとめ

パライバトルマリンについて基礎知識をご紹介いたしました。

\もっと見たい方!/

GSTVではパライバトルマリンを使用したジュエリーを種類豊富に展開しております。ぜひチェックしてくださいね。

こちらの記事もオススメ

10月の誕生石「トルマリン」【宝石王子®大松彰の宝石ミニ図鑑】

2021年1月から始まりました「宝石王子®大松彰の宝石ミニ図鑑」。誕生石をメインに、色々こじつけて希少石もご紹介いたしま ...

続きを見る

レアな宝石を普段使いで楽しむ!DAILY RARE STONE ―デイリー・レア・ストーン―

レアな存在の宝石達を普段使いで楽しんでみて。 5027191PT950/K18PG インペリアルトパーズ ダイヤ リング ...

続きを見る

-宝石辞典
-, , ,