宝石辞典

【まとめ】知っておきたい宝石「ダイヤモンド」の基礎知識

2020年9月1日

憧れのダイヤモンド!知っておきたいダイヤモンドについて基礎知識をまとめました。

 

ダイヤモンドの基礎知識

宝石界の頂点といっても過言ではないダイヤモンド。

マリリン・モンローの「ダイヤは女の最良の友」、シャーリー・バッシーの「ダイヤモンドは永遠に」など歌の中でも讃えられ、最も有名な宝石としてダイヤモンドは今もなお注目を集め続けています。

ダイヤモンドの特徴
原産地 アフリカ
多様
属性 炭素
硬度10.00
屈折率2.41 - 2.42
比重3.53

名前の由来

ダイヤモンドという名前は、ギリシャ語で「征服されざる」、または「無敵の」という意味の「アダマス」という言葉が由来とされています。

また日本の和名では、ダイヤモンドを「金剛石」と呼びます。由来は、サンスクリット語の「vajra(バサラ)」から「金属の中で最も硬いもの」という意味から来ています。

<案外知らない!?>宝石の和名/誕生石や希少石の和名と石言葉をご紹介

宝石にはそれぞれ「和名」があるのをご存知ですか? 宝石好きな方は、たとえばお子さんが誕生した月にちなんで、宝石の和名から ...

続きを見る

最も高い硬度を誇る石

「金剛石」の名前の由来である「金属の中で最も硬いもの」からも分かる通り、地球上の鉱物の中で最も硬い宝石であることでも知られています。

宝石の「硬度」って何?【ジュエリー豆知識】

Q:宝石の「硬度」って何? 宝石の硬さを示す硬度は「モース硬度」と「ヌープ硬度」の2種類が主に使われています。その中でも ...

続きを見る

4月の誕生石として制定

ダイヤモンドは4月の誕生石として制定されています。宝石の石言葉は「清浄無垢」です。

4月生まれの方やダイヤモンド婚式(60周年)のお祝いとして、ダイヤモンドをプレゼントに選ぶなんて方もいらっしゃいます。

ピックアップ

ギフトとしてもぴったりな、不動の人気を誇るダイヤモンド。GSTVでも人気が高く、ダイヤモンドジュエリーを種類豊富にたくさんご紹介しております。

オススメ!4月の誕生石ジュエリー♪

石言葉は「清浄無垢」。 最も硬くて最も有名、宝石の頂点といっても過言ではないダイヤモンド。今回はカラーダイヤモンドを集め ...

続きを見る

ダイヤモンドはカラーが豊富!

ダイヤモンドは無色透明のダイヤモンドだけではありません。様々なカラーのダイヤモンドが存在します。基本的に、無色以外のダイヤモンドはカラーダイヤモンドと呼ばれ、12色ほどの種類があります。

「カラーダイヤモンド」って何?【ジュエリー豆知識】

ダイヤモンドは無色透明のダイヤモンドだけではありません。様々なカラーのダイヤモンドが存在します。本記事では、カラーダイヤ ...

続きを見る

番外編

ダイヤモンドにまつわる伝承

ダイヤモンドにまつわる伝承は、数多く残っています。

ダイヤモンドを「神々の涙」や「流れ星のかけら」だと信じられていたり、身につける装飾としてのジュエリーではなく魔法の力をもたらすお守りとして考えられていた時代もあったのだとか。

ダイヤモンドへの強い魅力・憧れが、様々な神話や逸話からもみても伝わってきます。

宝石の王者「ダイヤモンド」の伝説とは?まつわる神話や逸話をご紹介

宝石の王者とも知られている「ダイヤモンド」。ダイヤモンドにまつわる神話や逸話は、文化や大陸の枠を越えて数多く伝えられてい ...

続きを見る

ダイヤモンドが美しく見える大きな理由は「輝き」

ダイヤモンドが美しく見えるのは、なんといっても「輝き」です。

ダイヤモンドの輝きを発生させる、3つの光の効果があります。光の効果とは次の3つのこと。

この3つの効果をうまく利用して、内部から虹のような色を湧き立たせるようにカットされます。

評価システム「4C」

商品によっては、鑑定書付きのダイヤモンドがあります。鑑定書とはダイヤモンドのみに発行されるもので、鑑定書には4Cと呼ばれる品質評価が記載されています。

4Cとは、以下の4つの評価対象の頭文字から取られています。

「4C」は、ダイヤモンドの品質を評価するのに欠かせません。

ダイヤモンドの4Cとは?【宝石豆知識】

宝石好きなら、ダイヤモンドの価値を決める4つのCについて、聞いたことがあるのではないでしょうか。本記事では4Cについてご ...

続きを見る

「鑑定書」って何?【ジュエリー豆知識】

本記事では鑑定書について豆知識をご紹介します。 Q:「鑑定書」って何? 「鑑定書」はダイヤモンドにのみ発行されるものです ...

続きを見る

番外編

4Cのうちの一つ、カラット。

カラットによって変わる印象を一粒ダイヤネックレスで着け比べしました。ダイヤの大きさで迷われている方はこちらの記事も合わせてご参照してくださいね。

【大きさ比較】30代一つは持っていたい定番の一粒ダイヤネックレス

一つは持っていたい定番の一粒ダイヤネックレス。定番といいながらも、様々なサイズのダイヤがあります。そこで30代女性スタッ ...

続きを見る

コンフリクト・ダイヤモンド(紛争ダイヤモンド)とは

コンフリクト・ダイヤモンド(紛争ダイヤモンド)とは、戦闘地域にて秘密裏に採掘され売られたダイヤモンドのことで、反対勢力や侵略軍の資金源となっています。

そんなコンフリクト・ダイヤモンドを排除するために、キンバリー・プロセスという世界的な証明制度が確立されました。もちろんGSTVもキンバリー・プロセスに従っています。

コンフリクト・ダイヤモンド(紛争ダイヤモンド)とは?

本記事では、コンフリクト・ダイヤモンド(紛争ダイヤモンド)についてご紹介します。 コンフリクト・ダイヤモンド(紛争ダイヤ ...

続きを見る

まとめ

ダイヤモンドについて基礎知識をご紹介いたしました。

\もっと見たい方!/

GSTVではダイヤモンドを使用したジュエリーを種類豊富に展開しております。ぜひチェックしてくださいね。

-宝石辞典
-,