宝石辞典

産地別で見る希少石「アレキサンドライト」をご紹介

2015年6月1日

希少石「アレキサンドライト」を産地別でご紹介します。

 

ロシア産アレキサンドライト

ロシア産アレキサンドライト

美しいアレキサンドライトが採掘される鉱山はいくつかありますが、鑑定家のあいだではロシアのアレキサンドライトが伝統的に高く評価され、羨望の的となってきました。

1892年、有名な宝石商であるエドウィン・ストリーターは『貴石と宝石』の中で次にように書いています。

素晴らしきアレキサンドライトは、昼のエメラルド、夜のアメジスト。その市場価値は非常に変動的で、質の良いものになると時に1カラット20ポンドにもなる。

エデウィン・ストリーター「貴石と宝石」より

現在、同じロシア産のアレキサンドライトには、何千ドルという値がついています。

ウラル山脈の鉱山はほんの数十年で閉鎖されましたが、今日でもごくわずかに採掘は続いています。2006年7月、マリシェバにある地域最大の鉱山ではアレキサンドライトとエメラルドがベリリウムの副産物として採掘されています。

ともかく、ロシア産のアレキサンドライトはほとんど入手できず、幸運にも所有することのできた人は、まさに過ぎし時代の宝石の守り人といえるでしょう。

インド産アレキサンドライト

インド産アレキサンドライト

インド南東部のアンドラプラデシュに住む部族の人が、アラク峡谷で最初のアレキサンドライトを見つけたのは1996年のことです。それ以降、インド産のアレキサンドライトはロシア帝国と同じくらい波乱に富んだ歴史を歩んできました。

必要性が声高に叫ばれた採掘規制が1999年に実施されたり、海岸沿いの鉱山が2004年の津波で崩壊したりと、インド産のアレキサンドライトの歴史はまさに山あり谷ありでした。

GSTVが初めてご紹介したアレキサンドライトはグリーンアップルの色に輝き、オレンジ・ラズベリーからグレープまでの色の変化を見せるもので、インドのアンドラプラデシュ州ビシュナカハプトナム産でした。

GSTVでは、この美しい宝石を常に追い求め、新しいインドの鉱山でロシア産を思わせるような豊かな色を持つアレキサンドライトに出会いました。最初の発見地であるビシュナカハプトナムから100キロ内陸に入った、ナルシパトナムという鉱山です。

ナルシパトナム産アレキサンドライトの特徴は、深い緑色と、鮮やかなアメジスト色からルビーの赤、そして赤紫といった驚くべき色の変化です。

アレキサンドライトは何億年も前の古生代に形成され、発見場所であるロシアのウラル地方とインドのナルシパトナムのペグマタイトは同じものであると言われています。

インドでの採掘は危険な作業で、鉱夫たちは命がけで30メートルの深さまでぬかるんだ泥を掘り、アレキサンドライトの小さなかたまりを含んだ岩を見つけ出すのです。

ブラジル ヘマチタ鉱山アレキサンドライト

ヘマチタ鉱山アレキサンドライト

有名なブラジルのミナスジェライス州では、様々な宝石が100年以上にわたって採掘され世界中を魅了していますが、新しくヘマチタで1987年に大きな発見がありました。ペグマタイトを含む多くの鉱山の例にもれず、ブラジルのアレキサンドライトは、近寄るのが困難な起伏の激しい場所で発見されています。

採掘方法は原始的な手掘りが主流です。例外として有名なのはヘマチタ鉱山ですが、ここの美しいアレキサンドライトは現在ではごくわずか。ブラジル産アレキサンドライトの多くはインクルージョンがありますが、少量ながら質の良いものも採掘されています。

2004年、ブラジルで新たなアレキサンドライトの鉱脈が発見され、青緑色から魅力的なラズベリー色に変化するアレキサンドライトが出ています。ヘマチタ産の最高品質のアレキサンドライトは、世界のどこで産出されるものにも負けません。

そのほかの地域で採れるアレキサンドライト

マダガスカルやタンザニア、モザンビークの鉱山でも、ここ数年、良質のアレキサンドライトを生産しています。アフリカ産のアレキサンドライトは川のそばなどの湿った土地にあるのが特徴で、手で川床を掘り、アレキサンドライトを多く含む沖積層を取り出すという方法で採掘されます。

スリランカ産アレキサンドライト

およそ90年のあいだ、アレキサンドライトの産地はロシアとスリランカに限られていました。多くの鉱山ではペグマタイトからアレキサンドライトを取り出すのに対し、スリランカで沖積した土砂から取り出されるアレキサンドライトは、日光の下では上品なサファイアのような緑色に輝き、白熱光の下では赤紫のスピネルに似たオダマキのような赤に変わるのが特徴です。

まとめ

産地別で「アレキサンドライト」をご紹介いたしました。

\もっと見たい方!/
GSTVでは、様々なアレキサンドライトのジュエリーを種類豊富にご用意しております。

こちらの記事もオススメ

【まとめ】知っておきたい希少石「アレキサンドライト」の宝石豆知識

皇帝の宝石と呼ばれる「アレキサンドライト」の特性、特徴、希少性、石にまつわる歴史について豆知識をご紹介します。 &nbs ...

続きを見る

-宝石辞典
-