豆知識

世界4大宝石とは?それぞれの宝石を一挙にご紹介!

2022年8月16日

世界4大宝石と呼ばれる宝石のことご存知ですか。世界4大宝石とは、ダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルドのこと!それぞれの宝石を簡単にご紹介していきます。

世界4大宝石とは

世界4大宝石とは、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドのこと。この4つの宝石は一般的に、希少性や価値の高さから、世界4大宝石と呼ばれています。

また、それぞれの宝石は誕生石にも制定されているほどメジャーな宝石です。

宝石誕生月
ダイヤモンド4月
ルビー7月
サファイア9月
エメラルド5月

ちなみにGSTVでは、世界4大宝石をテーマにしたジュエリーもあります。

ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドと並んだ、とってもカラフルなジュエリー。色合いも楽しく、世界4大と称される宝石を一度に楽しめるという贅沢さも魅力的。宝石好きな方におすすめしたいアイテムとなっています。


それでは宝石ごとにご紹介していきます。

世界4大宝石「ダイヤモンド」

4月の誕生石ダイヤモンドは、ギリシャ語の「征服されざるもの」を意味する「アダマス(adamas)」に由来しています。
「美しさ」「耐久性」「希少性」はトップクラス!「宝石の王者」として知られています。
またダイヤモンドの硬度は10と宝石の中で最も硬く、単一の元素「炭素」から構成された唯一の宝石です。

昔は、ダイヤモンドを「神々の涙」や「流れ星のかけら」だと信じられており、魔法の力をもたらすお守りとして考えられていた時代もあったのだそう。

古代では原石の形を生かしたジュエリーで使用され、14世紀半ばにダイヤモンドを使って研磨する技術が開発されました。16世紀初めにローズカットが誕生。1910年にラウンドブリリアントカットが実現し、ダイヤモンドの美しさの最大の特徴でもある、光の分散から生まれる虹色のようなファイアが作り出されました。

ダイヤモンドの原石
ローズカットのダイヤモンド
ラウンドブリリアントカットのダイヤモンド

> ダイヤモンドを使用したジュエリーを見る

世界4大宝石「ルビー」

7月の誕生石ルビーは、ラテン語で「赤」を意味する「ルベル(ruber)」という言葉がその名の由来。
「宝石の女王」とも称されています。

「情熱」「愛」「ロマンス」を連想させ、真紅の宝石に隠れたパワーが秘められていると信じられており、古くから好まれていました。

ルビーはコランダムという鉱物で、「サファイア」と同じ鉱物です。ダイヤモンドの次に硬い宝石ですが、実はルビーはダイヤモンドよりも希少性があります。

ルビーとサファイア

赤のコランダムはルビー、赤以外のコランダムをサファイアと呼びます。クロムが混じると赤色に、鉄が混じると青色になります。また、青以外のサファイアもあり、総称でファンシーサファイアと呼ばれ、サファイアの頭に色の名前をつけて呼びます。

> ルビーを使用したジュエリーを見る

世界4大宝石「サファイア」

9月の誕生石サファイアは、ラテン語で「青」を意味する「サフィルス(sapphirus)」という言葉に由来しています。空の色を想起させることから「天の宝石」や「空の宝石」と呼ばれています。

「ルビー」と同じコランダムという鉱物で、ダイヤモンドの次に硬い宝石です。
サファイアは通常、ブルーサファイアのみを指します。ブルー以外の色のサファイアは、サファイアの頭に色の名前がつきます。

「気品」「誠実」「忠誠心」を象徴するサファイアは、婚約指輪や結婚指輪としても人気。1981年、英国のチャールズ皇太子がダイアナ妃にロイヤル・ブルーサファイアの婚約指輪を贈りプロポーズしたことが有名です。また、幸せを願う「サムシングブルー」の言い伝えから、青いアイテムとして取り入れるのにサファイアはピッタリです。

※イメージ

> サファイアを使用したジュエリーを見る

世界4大宝石「エメラルド」

5月の誕生石エメラルドは、古代ギリシャ語で、「緑の宝石」を意味する「スマラグドス(Smaragdus)」という言葉に由来しています。
エメラルドの深い「緑の火」は、「永遠の春」と「不死の象徴」として大切にされてきました。

エメラルドは、ベリルという鉱物で、ベリル族の中でも最も有名な宝石です。

クレオパトラが最も愛した宝石としても知られ、自らの名前をつけたクレオパトラ鉱山というエメラルド鉱山を持つほどです。また、クレオパトラはエメラルドを身に着けるだけではなく、砕いて粉にしてメイク用のパウダーとして化粧をしたという記述もあります。

総生産量50〜60%を占めるコロンビアでは、エメラルドの産出量が近年減ってきており、希少価値がさらに上がる傾向です。

> エメラルドを使用したジュエリーを見る

まとめ

今回は、世界4大宝石と称される宝石たち、ダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルドをご紹介させていただきました。

\こちらもチェック!/

GSTVでは、世界4大宝石を使用したジュエリーを種類豊富にご用意しております。ぜひチェックしてください。

こちらの記事もオススメ

「世界三大希少石」と称される美しい宝石とは?【宝石豆知識】

「世界三大希少石」と呼ばれている宝石をご存知でしたか。 「世界三大希少石」とはアレキサンドライト、パライバトルマリン、パ ...

続きを見る

世界5大宝石って?それぞれの宝石を一挙にご紹介

世界5大宝石と呼ばれる宝石のことをご存知ですか。ダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルドの4つに、アレキサンドライト ...

続きを見る

宝石とは?色石を買うにあたって知っておきたい基礎知識ガイド

色石の持つ、美しさ珍しさ、歴史を感じさせる神秘的な雰囲気は時代を超越しています。多種多様な種類と色が揃っているという点で ...

続きを見る

-豆知識
-, , ,