豆知識

自分に似合うイヤリング・ピアスの選び方

2020年9月16日

朝の忙しい準備。
その日に着る服やメイクで精いっぱい。

身に着けるジュエリーはつい後回しになってしまうことも…
ピアスやイヤリングは、お顔に近いので第一印象を左右する重要なポイントの一つ。
選ぶジュエリーによって、その人の雰囲気をぐっとクラスアップしてくれます。

自分にはどんな耳ものジュエリーが合うのか分からないっという方に、お顔の形や骨格によってより似合うイヤリング・ピアスのタイプをピックアップしてみました。

卵型タイプ(理想的)

卵型の顔は額に立体感があり全体的に丸みを帯びているので、周囲に柔らかな印象を与えます。

卵型の方は、どんなピアス・イヤリングを付けても似合います。
その日の気分で選んでもOK。また小ぶりなタイプなどもおすすめです。

例えばこんなジュエリーがオススメ。​​​​​​

丸顔タイプ(縦の直線ラインを強調することで、丸みを補正)

丸顔の方は、顔周りをスッキリと見せてくれる、縦ラインのデザインのものがおすすめ。逆に丸いものは、顔の丸みがより強調されてしまうので要注意です。

例えばこんなジュエリーがオススメ。​​​​​​

面長タイプ(横幅を強調することで、面長のイメージを和らげる)

面長の方には、耳たぶに直接モチーフが触れるようなデザインのピアスやイヤリングがおすすめ。
視線が耳元に集中するため、顔の長さやフェイスラインのシャープさを和らげてくれる効果があります。
縦長よりも横にボリュームのある、丸いものやフープ型のデザイン等をチョイスしてみてはいかがでしょう。

例えばこんなジュエリーがオススメ。​​​​​​

四角顔・えらはりタイプ(大ぶりなジュエリーで輪郭をカバー)

小ぶりで耳たぶにフィットするものか、大ぶりで丸みのあるもの、フープタイプのジュエリーを付けることでエラが目立たなくなり、小顔に見せることができます。

エラが張っている方などは、上の方にボリュームをもたせ、下はシャープに見せることがポイントです。

例えばこんなジュエリーがオススメ。​​​​​​

逆三角形タイプ(下にボリュームを持ってきて表情を和らげる)

顎のラインがシャープな方は、下のほうにボリュームがあるタイプのものがよく似合います。しずく型のものや、大振りで顔の下のほうにボリュームがくるタイプを選びましょう。
動きが大きく華やかな揺れるジュエリーや、ドロップタイプの中でも房状にさがる「タッセルタイプ」、華やかな「シャンデリアタイプ」など、お顔周りを華やかにしてくれるジュエリーが◎。

例えばこんなジュエリーがオススメ。​​​​​​

最後に・・・

もしも迷ってしまったら「シンプルなデザイン」を選びましょう。宝石1石だけ、小ぶりなモチーフ…などのシンプルなデザインなら、TPOにあまり神経質にならなくてもOK。「どれがいいか分からないっ!」という場合には、まずは誕生石やシンプルなデザインのジュエリーから始めてみてはいかがでしょうか。


\もっと見たい方!/
GSTVでは、様々なデザインの耳ものジュエリーを種類豊富にご用意しております。

こちらの記事もオススメ

また記事内でもご紹介しましたフープタイプのジュエリー。

フープタイプは、サイズ・大きさによって印象が変わります。そこで実際につけ比べてご紹介した記事をご用意しました。ぜひこちらの記事もあわせてご参考くださいね。

フープピアスの大きさで印象が変わる!サイズ別着け比べ

顔まわりを華やかに彩る定番デザインのフープピアス。フープピアスといっても大きさや太さによって、受ける印象が変わっていきま ...

続きを見る

こちらの記事もオススメ

今回は「ピアス・イヤリングの選び方」でしたが、別記事にてデコルテラインの「ネックレス・ペンダントトップの選び方」をご紹介した記事もご用意があります!

4種類の代表的なネックジュエリーのフォルムと特徴をご紹介しております。ぜひ参考ください。

どう見せたい?デコルテライン。首周りのジュエリー選び
デコルテをどう見せる?ネックレス・ペンダントトップの選び方

数あるペンダントトップやネックレス。せっかく気に入って買ったのになんだかしっくりこない…なんてことも。 デコルテラインの ...

続きを見る

-豆知識
-, ,