豆知識

ネックレスのチェーンが絡まったら?簡単にほどく方法をご紹介

「身につけようと思ったら、ネックレスのチェーンが絡まっていた・・・。」チェーンをお持ちの方は一度はご経験があるのではないでしょうか。
そんな時は、ご自宅にある「つまようじ」で簡単に解決できます!
今回は、「つまようじ」を使ったチェーンの絡まりをほどく方法をご紹介していきます。チェーンが絡まって困っている方は是非お試しください。

また本記事をコンパクトにまとめた動画もご用意しましたので、合わせてご参考くださいね。

 

どうして絡まるの?

無造作にチェーンを置いたり、ポーチにそのまま入れたりすると絡まりが生じることがあります。
それはチェーンが何かの拍子に動き、チェーンの輪っかの中に留め具やペンダントトップが入ってしまうから。そしてどんどんと複雑に入り込み、気づけば団子状の固まりが出来ていたなんてことがあります。

また複数のチェーンを一緒に置くのも絡まりの原因になります。

注意事項

絡まってしまったら、強く引っ張らないことが大前提!
強く引っ張ってしまうと次のようなリスクが生じる場合があります。ご注意くださいね。

  • チェーンの絡まりが余計に固まってしまう
  • チェーンの表面が傷つく
  • チェーンが切れてしまう

「つまようじ」で簡単!絡まりのほどき方

「つまようじ」以外にもベビーパウダーをかける方法もありますが、「つまようじ」をオススメします。複雑な絡まりにも対応できて、準備する道具も少なく済みます。

次の道具を準備してくださいね。

用意するモノ

  • 絡まったチェーン
  • つまようじ 2本
  • 平らな場所

「つまようじ」は2本あると便利ですが、1本でも問題ありません。また「つまようじ」の代わりに竹串でもOK。

ピンセットや針などの金属製品で代用することは避けたほうがいいでしょう。金属製品は、チェーンを傷つけてしまう恐れがあるためです。

ほどく手順

step
1
金具を外す

絡まっているチェーンやネックレスの金具を外します。

step
2
チェーンを広げる

机の上など平らな場所に、チェーンを広げて置きます。

step
3
「つまようじ」で刺す

絡まった部分の隙間に「つまようじ」の先端を使って刺します。「つまようじ」がもう1本あれば、チェーンを抑えながらできるので便利です。

ポイント

隙間がない場合、「つまようじ」の後ろの部分を使って絡まってる部分を軽く叩いてみましょう。

step
4
隙間を広げる

のの字を描くように少しづつ隙間を広げましょう。

根気が必要ですが、ゆっくりほどいて行きましょう。

チェーンが切れたり、ひどい絡まりならお店に相談しよう

チェーンが切れてしまったら販売店に依頼するのが良いでしょう。また、ひどい絡まりでどうしても解けなかった場合も販売店にご相談くださいね。

ちなみにGSTVでは、ショールームがあります。ご相談を承まわることができますので、お気軽にショールームへお立ち寄りください。

また全国各地で催事イベントを開催!

そこでジュエリーのクリーニングサービスを行うこともあり、大変ご好評をいただいています。お持ちいただければ職人がご相談に承ります。ぜひお越しくださいね。※クリーニングサービスを行わない催事イベントもございますので、詳しくは催事情報をご覧ください。

絡まないためには?保管方法

やっと絡まりがほどけても、同じように無造作に置いてしまえば絡まりが発生することがあります。絡まりを防ぐ様々な保管方法がありますので、今後チェーンの絡まりを防ぐためにも是非お試しください!

ポイント

チェーンの留め具は、繋いだ状態で保管してください。繋いだ状態の方が絡まりを防ぐことができます。

① 小さな袋に金具部分だけを出して収納する

小さな袋に入れて、金具部分だけ出します。金具部分をジッパーで止めてください。絡まりにくく、コンパクトに収納できて、持ち運びにも便利です。

② 真っ直ぐ伸ばした状態で収納する

スペースがあれば、真っ直ぐ伸ばした状態で収納してください。他のチェーンと接しないよう注意くださいね。

③ 吊り下げて収納する

吊り下げての収納も、真っ直ぐ伸ばすことができますので絡まりません。こちらも他のチェーンと接しないよう注意ください。

④ GSTV特製「ジュエリーポーチ」に収納する

ちなみにGSTV特製「ジュエリーポーチ」が便利です。保管はもちろん、持ち運ぶ際もお使いいただけます。チェーンが動かないよう、チェーンを止めるマジックテープ付きで、絡まりません。

商品の包装は、ご購入いただいた際に選ぶことができます。

包装の選び方

  • 商品をカートに入れた後、カート画面にて包装の「通常包装」をクリック。
  • 「包装種別の選択」画面が開きます。お好きな包装をクリックしてください。
  • 選んだ包装に変更されます。

※ポーチはペンダントトップ用と、チェーン・ネックレス用の2種類ご用意があります。ご購入いただいた商品に合わせて包装いたします。

※ご購入いただいた商品の形状によってはご希望に添えない場合があります。

例えば、

オメガネックレス

ボリュームのあるアイテム

などなど

まとめ

今回は「チェーンの絡まりを直す方法」をご紹介させていただきました。ぜひ実践してみてください。

\こちらもチェック!/

様々なデザインのネックレス・チェーンを豊富にご用意しております。ぜひチェックしてください。

こちらの記事もオススメ

ネックレスチェーンの種類はいろいろあるけれど、何を選んだらいい?

普段のジュエリーコーディネートの中で欠かせないのが、チェーンネックレス。お手持ちのペンダントトップを取り付けたり、そのま ...

続きを見る

どう見せたい?デコルテライン。首周りのジュエリー選び
デコルテをどう見せる?ネックレス・ペンダントトップの選び方

数あるペンダントトップやネックレス。せっかく気に入って買ったのになんだかしっくりこない…なんてことも。 デコルテラインの ...

続きを見る

-豆知識

© 2021 GSTV FAN