豆知識

宝石の「ダイヤモンドのテーブル」って何?【ジュエリー豆知識】

2020年8月1日

Q:宝石の「ダイヤモンドのテーブル」って何?

ダイヤモンドにおける「テーブル」というのは、カットを構成する面(=ファセット)の1部分を指します。

宝石を横から見た際に上部と下部の境界を形成する細い部分を「ガードル」と呼びます。
そのガードルより上の部分を「クラウン」と呼び、「テーブル」はその最上部にあるファセットです。多くのカットにおいて、最も大きなファセットとなります。 

また、ガードルより下の部分を「パビリオン」と呼び、ダイヤモンドの底にあるファセットを「キューレット」と呼びます。

-豆知識
-

© 2020 GSTV FAN